リクルートエージェント とは

転職エージェントのリクルートエージェントとは?

転職エージェントのリクルートエージェントとは?

「そうだ転職をしよう!」と思ったら最初に何をしますか?
求人情報を見て応募ですか?ハローワークに探しに行きますか?

 

転職方法にはいろんな方法がありますが、その中でも転職エージェントを使うという方法があります。
転職エージェントはキャリアアドバイザーと共に転職活動を行い成功させる方法です。転職エージェントにもたくさんありますが、その中でも老舗なのがリクルートエージェントです。
電車の広告やネット広告で見たことある人も多いですよね?
この記事ではリクルートエージェントについて紹介します。

 

 

転職エージェントのリクルートエージェントとは?

上で説明した通りリクルートエージェントは転職エージェント界では老舗です。1977年に参入し電車の広告やネット広告などの広告宣伝により知名度を上げてきました。
現在ではその知名度から「安心できる」「安定している」のイメージが強くなっています。

 

リクルートエージェントの大きな特徴は、圧倒的な求人数の多さです。その数は10万件以上で、内定数も2万件を超えています。これは転職エージェント界ではトップクラス。
その求人数の多さから、狭い業界への転職や高齢者の転職、第二新卒でも求人を選べることが高評価となっている要因でしょう。

 

特徴はこれだけではありません。転職者への手厚いサポートも評判が良いです。
「転職は初めてで不安がたくさんだなぁ」と思う人は多いはずです。そんな人のためにリクルートエージェントでは面接対策や書類の添削なども行っていて、転職に特化したキャリアアドバイザーが転職のノウハウを教えてくれるのです。

 

またリクルートエージェントの長年蓄積された情報から、企業についての非公開な情報も持っています。面接時の雰囲気や社風などは公開されている情報だけでは分かりづらいもの。面接で聞かれる質問なんかも教えてくれるので、転職活動に有利に働くのは言うまでもありませんね。

 

ここで転職サイトと転職エージェントの違いを考えたことってありますか?
同じリクルートが運営している転職サイトのリクナビネクストと転職エージェントのリクルートエージェントではどのような違いがあるのか見てみましょう。

 

リクルートエージェント リクナビネクスト
求人数、求人情報 非公開の求人情報が多く、求人数は業界トップの10万件以上

求人情報は6,000件
登録すればこれら全ての求人情報が閲覧可能

転職活動の流れ アドバイザーと面談し、求人情報を紹介してもらう。その中から応募。 公開されている求人情報から選んで応募。
特徴 面接対策や書類添削などの転職活動に必要なことをサポートしてくれる サイト上の情報を気軽に読めて、マイペースに転職活動を進められる

 

同じリクルートが運営しているのにも関わらず、非公開だと求人数にここまで差が出ています。また転職エージェントを使うとキャリアアドバイザーとの二人三脚になり、転職活動がマイペースになってしまい、だらけてしまうことを防いでくれますよ。

 

 

リクルートエージェントを使って転職する流れ

まずはネットから登録を行います。この時点で学歴や職務経歴、資格、希望の業界などを入力します。2?7日以内には転職エージェント側から紹介可能な求人情報が送られてくるので確認。その後リクルートエージェントのサービス内容や面談の日程を決めます。

 

面談は直接行うだけでなく、電話でも行うことができるので忙しくても安心ですね。この面談では希望の条件や転職時期などを詳しく話し合います。スケジュールが決まれば、求人の紹介になります。

 

応募したい企業が決まれば応募になりますが、その前にリクルートエージェントの特徴でもある履歴書や職務経歴書の添削を行います。書類選考が通過したら、面接の日程を決めます。ここでも面接対策の講座を受けることができるので、安心して面接にのぞむことが可能。

 

内定後は入社日の相談から現在働いている会社の退社方法などをアドバイスもあります。退職に伴う手続きもサポートしてくれるので、初めての転職でも安心できるのが良いところですね。

 

 

 

リクルートエージェントを使った体験談

転職活動をしようと思い立ったその日、ネット広告でリクルートエージェントを見てとりあえず登録してみました。リクルートなら大企業ですし、ブランドも良いイメージだったので迷うことはありませんでした。
登録の翌日にはリクルートエージェントからメールが入りました。履歴書や職務経歴書をPCから送ってほしいとのこと。ネットで履歴書の書き方を調べながら書くのはなかなか大変な作業でした。

 

履歴書などを送ってから数日後、私は丸の内のリクルート本社で面談をしました。夜19時ごろでしたが、疲れた顔を見せずに対応してくれたのは信頼できると感じた一つの要因かもしれません。
15分くらいの面談後、経歴や資格、希望などからオススメの求人情報を5社紹介されましたが、その日は資料を持ち帰り家で再確認。

 

リクルートエージェントにはマイページというものがあり、登録するとそこから応募することもできます。
マイページからの応募後もサポートは充実していて、面接対策や資料の添削などの転職活動講座が受けられました。この講座は転職活動において本当に助かったことを覚えています。

 

ついに面接当日、事前に面接を受ける会社の情報は受け取っていたので、安心して面接にのぞむことができました。どのような雰囲気の面接になるのかも前もって知ることができたのは本当にありがたかったです。
正直言うと事前情報とのズレもありましたが、気になるほどの大きな情報のズレは感じませんでした。しかし待遇や給料については、面接時にちゃんと聞いておく方が良いように感じますね。
リクルートエージェントからは3社ほど面接を行い、1社から内定をいただきました。その後も入社日や良い退職の仕方などアドバイスも受けれたのは良かったです。

 

 

まとめ

リクルートエージェントは投げやりな転職エージェントとは違い、丁寧な面接対策や書類添削なども行ってくれるところが初めての転職者でも嬉しいところ。キャリアアドバイザーによるサポートで不安も解消できます。

 

そして何よりも求人数が多いことが何よりも嬉しい。ニッチな業界の求人もあるので、希望の仕事を詳しく伝えることが重要です。詳しく伝えられるだけ伝えておきましょう。

 

転職エージェントの老舗ということもありサポートも充実しています。必ず転職しなければいけないということもないので、転職を考えている人は面談だけでも行ってみてはいかがでしょうか。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ